Posted by at

やろう!!!

2006年08月31日

料理教室をしているが、思うように「生徒さんの確保」ができない。

家庭で教室をしていると、「家族」優先になり、

「生徒」さんのニーズに合わせれない。

さまざまな悩みをもっている講師陣を集めて、

「こんな教室をやりたい!!!」

「集客。企画。提案。私に任せて。
先生たちは、レシピをお願い・・・誰にも負けないという、先生のレシピ。
ただし・・・旬の野菜でね。」

まず、第一弾は、夏休みを利用して・・・・企画を考え・・・・モニタリングしながら・・・

次ステップへ・・・・

「この時期はこの野菜が旬・・・生産もされてるから・・これで・・・・・レシピをお願いね。」

「先生、いつ、イベントできる?」

「他の材料は??????」


・・・・・・・・・・・・・・

「ところで・・・・先生。機材は????道具は????」

「オーブンは????」

「食器は??????」


意外と・・・・料理教室って・・・・機材、食材が必要なんです!!!!!

「了解!!!!。揃えよう・・・ただし、最低限。
盛り付けのお皿は・・・・先生のセンスで・・・・メニューに合ったものを持参してね。」



そんな、こんなで・・・・先生方と、「わいわい」「楽しく」「あーだの。こーだの。」言いながら、

一歩一歩・・・確実に歩みだした
ファーマーズ・スタジオです。

  

Posted by たたみみ at 19:21道のり

どうしよう???

2006年08月30日

料理教室の先生がお野菜を食べて言いました。

「こんな美味しいお野菜を使ったメニューで教室をしたい・・・」

「でも、たくさんの先輩が、同じような教室をやっているから・・・
なにか・・・いいアイデアないかしら・・・差別化できるものは・・・」

あるお母さんが言いました。

「かぼちゃって、りんごみたいに生ってるの???」
??????????
「にんじんって、いつが旬かわかる?」

「いつでもあるよね~」

「このきゅうり、曲がってるから、まっすぐなのはないの?」

「子供が野菜嫌いだから、あまり使わない」
・・・・・・?????・・・・・・

生産者に聞きました。

「野菜の作り方、教えてくれますか?」

「喜んで・・・」


あるオーナーが言いました。

「貸し農園をするから。」

!!!!!!!!!!!!

「私たちに貸してください。」

「栽培体験ができる教室をしよう。」

「自分で育てた野菜で調理ができる教室をしよう。」

「旬の野菜・・路地物の野菜をメインにした教室にしよう。」

「先生の個性あふれるメニュー、オリジナルのレシピにしよう。」

たくさんの「差別化」が出てきました。


そして、農地を貸し出す・・・オーナーが言いました。

「場所・・・使っていいよ」

ファーマーズ・スタジオはこうやって、一歩・・一歩・・
進んでいきました。  

Posted by たたみみ at 23:54道のり

どうしたらいいの????

2006年08月29日

ある生産者の方が言いました。

「家族のために育てた「愛情」いっぱいの野菜。
これを、たくさんの人に食べてもらいたい。」


ある料理教室の先生が言いました。

「楽しい、簡単、おいしい、大好きな人のために食べさせたい。
そんなお料理を教えたい。」

「愛情」いっぱいの食材を、
「大好きな人」のために、作ってあげたい・・・そう思える教室。

そうだ!!!!

これだ・・・・


生産者がいて、料理を教えてくれる先生がいて、楽しく料理ができる、

作る人が「楽しく」「ルンルン(ちょっと・・・ふるいですが・・・)」

ならば、テーブルにのったお料理もきっと、

輝いて美味しいはず。

そして、

「食べて!!!食べて!!!」
「どう???」
「美味しいでしょう!!!!」と、

会話がはずむはずです。

そんな、コラボができたら・・・・

それが・・。「ファーマーズ・スタジオ」の始まりでした

  

Posted by たたみみ at 23:27誕生ストーリー